例のごとく…2頭ずつ更新いたします。





55.エクレールアンジュの19

4873_9055

父 モーリス(ロベルト)
母父 ゼンノロブロイ(サンデーサイレンス)
性別 牝
属 池添学(栗東)
生産 ノーザンファーム
育成 ノーザンファーム
価格 1800万円
一口 36000円(500口)

エクレールアンジュは、不出走。祖母アドマイヤキラメキは、26戦して4歳上1000万下など4勝。祖母の産駒にトーセンスターダム(VRCエミレーツS)やセンチュリオ(オールカマー)など。近親にトーセンジョーダン(天皇賞・秋)やトーセンホマレボシ(京都新聞杯)など。ロベルト系×ゼンノロブロイは、ハイランドピーク(エルムS)やシーズンズギフト(若竹賞)などの活躍馬を出している配合。全体的に緩さが残っているので、トモの踏み込みが甘く、力強さに欠ける印象を受けますが…育成が進んでいけば変わってきそうです。肩の出は、悪くはなさそうです。前肢の膝が少し反っているので、脚元に不安が出るかもしれません。繋ぎは、少し短めで、立ち気味。肘離れは、悪くはなさそうです。腱離れも悪くはなさそうです。胴は、それなりに長めなので、長い距離もこなせそうです。成長力のある牝系ですし、まだ腰が高い位置にあるので、ここから変わってきそうです。ここからの成長次第では、価格なりに楽しめそうです。






56.パープルセイルの19

4873_9056

父 エピファネイア(ロベルト)
母父 フジキセキ(サンデーサイレンス)
性別 牝
所属 吉岡辰弥(栗東)
生産 ノーザンファーム
育成 ノーザンファーム
格 1800万円
一口 36000円(500口)

パープルセイルは、25戦して3歳上500万下など2勝。祖母ガゼルロワイヤルは、英オークス2着、ヴェルメイユ賞2着など重賞路線で活躍。祖母の産駒にレッドルーラー(若葉S)など。近親にエリデュクラージュ(ブリリアントS)やアドマイヤテンクウ(北山S)など。ロベルト系×フジキセキは、セイクリッドバレー(新潟大賞典)やアリゼオ(毎日王冠)などの活躍馬を出している配合。全体的に緩さが残っているので、トモの踏み込みが甘く、フラフラしている印象を受けますが…育成が進んでいけば変わってきそうです。肩の出は、悪くはなさそうです。左後脚の踏み込みの甘さが気になります。前肢の膝が少し反っている気がしないでもないですが…割と綺麗な方だと思われます。繋ぎは、ゆったりしてますが…少し立ち気味。肘離れは、良さそうです。腱離れも良さそうです。まだまだ絞れそうですが…腹袋は、ドッシリしているので、好感が持てます。胴は、そこまで長くもないので、2000mくらいまでが良さそうです。牝系が寂しい印象を受けますが…まだ腰が高い位置にあるので、ここから変わってきそうです。ここからの成長次第では、価格なりに楽しめそうです。






シルクホースクラブ


ブログランキング



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ 
 

PR

競馬予想のレジまぐ