ねこパンチの一口馬主

一口馬主に関する話題。

カテゴリ:広尾サラブレッド倶楽部 > 広尾サラブレッド倶楽部2021年度1歳募集馬

例のごとく…2頭ずつ更新いたします。




6.ステラリードの20

main

父 モーリス(ロベルト)
母父 スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
性別 牡
所属 矢作芳人
生産 木村秀則
価格 3900万円
一口 13000円(3000口)

ステラリードは、31戦して函館2歳Sなど2勝。母の産駒にパラスアテナ(カーネーションC)やカイザーノヴァ(クローバー賞)など。近親にセカンドエンパイア(グランクリテリウム)やバレストリニ(バリサックスS)、ベレヌス(ソヴリンS)、メイショウアイアン(北海道スプリントC)、ヘミングウェイ(Acomb S)、イーティラム(Steventon S)、アジバ(Upavon Filles'S)など。モーリス×スペシャルウィークは、カイザーノヴァ(クローバー賞)やルペルカーリア(3歳未勝利)、テンバガー(3歳1勝クラス)などの活躍馬を出している配合。全体的に緩さが残っているので、トモの踏み込みが甘い印象を受けますが…育成が進んでいけば変わってきそうです。肩の出は、FC2ブログランキング。前肢の膝が少し反っているので、脚元に不安が出るかもしれません。繋ぎは、やや短めですが…適度に角度があります。肘離れは、良さそうです。腱離れは、可もなく不可もないくらい。胴は、そこまで長くもないので、マイル前後が良さそうです。牝系が寂しい印象を受けますので、成長力に疑問が残りますが…まだ腰が高い位置にあるので、ここから変わってきそうです。ここからの成長次第では、ブログランキング




7.ゼロカラノキセキの20

main (1)

父 ダンカーク(ミスタープロスペクター)
母父 キンシャサノキセキ(サンデーサイレンス)
性別 牝
所属 尾関知人(美浦)
生産 木村秀則
価格 1200万円
一口 6000円(2000口)

ゼロカラノキセキは、1勝(オーガストフラワー賞)。近親にハウマッチドゥーユーラヴミー(MRCコーフィールドスプリント)やソルヴェイグ(フィリーズレビュー)、アレスバローズ(CBC賞)、ソルジャーズソング(奥多摩S)、エールブリーズ(奥多摩S)などの活躍馬を出している配合。ダンカーク×サンデーサイレンス系は、メイショウテンスイ(グリーンチャンネルC)やマイネルアルケミー(バーデンバーデンC)などの活躍馬を出している配合。全体的に緩さが残っているので、トモの踏み込みが甘く、力強さに欠ける印象を受けますが…育成が進んでいけば変わってきそうです。肩の出は、FC2ブログランキング。前肢の膝が少し被っているので、脚元は大丈夫じゃないかと思われます。繋ぎは、やや短めですが…適度に角度があります。肘離れは、悪くはなさそうです。腱離れは、可もなく不可もないくらい。まだまだ絞れそうですが…腹袋は、ドッシリしているので、好感が持てます。胴は、そこまで長くもないので、マイルくらいまでが良さそうです。牝系が寂しい印象を受けますので、成長力に疑問が残りますが…まだ腰が高い位置にあるので、ここから変わってきそうです。ここからの成長次第では、ブログランキング

ブログランキングをクリックしなくても全てが読める完全版は、noteにて販売中。無料で読みたい方は、ブログランキングをクリックお願いいたします。



広尾サラブレッドクラブ


ブログランキング





にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
 

PR

競馬予想のレジまぐ


例のごとく…2頭ずつ更新いたします。




3.キョウエイカルラの20

main (3)

父 ロードカナロア(キングマンボ)
母父 アフリート(ミスタープロスペクター)
性別 牝
所属 矢作芳人(栗東)
生産 モリナガファーム
価格 4500万円
一口 15000円(3000口)

キョウエイカルラは、27戦してジャニュアリーS(OP)など6勝。近親にディキシートゥーサウザンド(Friendly Lover H)やルースンアップ(Prix de l'Avre)、パラディウム(Morvich H)、イクスクルシヴヌレイエフ(Spotlight H)など。ロードカナロア×ミスタープロスペクター系は、カイザーミノル(斑鳩S)やメイショウチタン(豊明S)などの活躍馬を出している配合。全体的に緩さが残っているので、トモの踏み込みが甘く、フラフラしている印象を受けますが…育成が進んでいけば変わってきそうです。肩の出は、FC2ブログランキング。前肢の膝が少し反っているので、脚元に不安が出るかもしれません。繋ぎは、やや短めで、少し立ち気味。肘離れは、良さそうです。腱離れは、可もなく不可もないくらい。胴は、短めなので、1600mくらいまでがギリギリかと思われます。牝系が寂しい印象を受けますので、成長力に疑問が残りますが…まだ腰が高い位置にあるので、ここから変わってきそうです。ここからの成長次第では、ブログランキング




4.ミンティエアーの20

main (4)

父 マジェスティックウォリアー(エーピーインディ)
母父 アグネスタキオン(サンデーサイレンス)
性別 牡
所属 須貝尚介(栗東)
生産 三嶋牧場
価格 3900万円
一口 19500円(2000口)

ミンティエアーは、16戦して彦星賞など2勝。母の産駒にエルモンストロ(八海山S)など。近親にカルチャーヴァルチャー(仏1000ギニー)やサンタカタリナ(ハリウッドBCオークス)、アプルーヴ(ジムクラシックS)、ボムシェル(Forever Together S)、ケイプオブアプルーヴァル(Midsummer Sprint S)、ボーシャンクセルクセス(On the House S)など。エーピーインディ系×アグネスタキオンは、ドライバーズハイ(3歳上500万下)やソプラドール(4歳上1勝クラス)などの活躍馬を出している配合。全体的に緩さが残っているので、トモの踏み込みが甘く、力強さに欠ける印象を受けますが…育成が進んでいけば変わってきそうです。肩の出は、FC2ブログランキング。前肢の膝が少し被っている様な気がしないでもないですが…割と綺麗な方だと思われます。繋ぎは、やや短めですが…適度に角度があります。肘離れは、良さそうです。腱離れも良さそうです。胴は、それなりに長めなので、2マイルくらいまでなら問題なさそうです。牝系が寂しい印象を受けますので、成長力に疑問が残りますが…まだ腰が高い位置にあるので、ここから変わってきそうです。ここからの成長次第では、ブログランキング

ブログランキングをクリックしなくても全てが読める完全版は、noteにて販売中。無料で読みたい方は、ブログランキングをクリックお願いいたします。



広尾サラブレッドクラブ


ブログランキング





にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
 

PR

競馬予想のレジまぐ


ネタが無くなってきたので、広尾サラブレッド倶楽部2021年度1歳募集馬のレビューを書いていこうかと思います。例のごとく…2頭ずつ更新いたします。




1.ウインアルエットの20

main (1)

父 ルーラーシップ(キングマンボ)
母父 ダンスインザダーク(サンデーサイレンス)
性別 牝
所属 松永幹夫(栗東)
生産 桑田牧場
価格 3000万円
一口 15000円(2000口)

ウインアルエットは、18戦して4歳500万下など2勝。祖母ラークホイッスルは、シェイディウェルSの勝ち馬。祖母の産駒にモエレソーブラッズ(兵庫ジュニアグランプリ)やペニーホイッスル(アネモネS)、アップルビーガーデンズ(シェイディウェルS)など。曾祖母ファインドハピネスは、Nicosia S(L)の勝ち馬。近親にメイケイベガスター(共同通信杯)やサウンドガガ(スパーキングレディーC)、エメリミット(東京ダービー)など。ルーラーシップ×サンデーサイレンス系は、キセキ(菊花賞)やメールドグラース(コーフィールドC)などの活躍馬を出している配合。全体的に緩さが残っているので、トモの踏み込みが甘く、フラフラしている印象を受けますが…ルーラーシップ産駒なので、こんなものかもしれません。肩の出は、FC2ブログランキング。左後脚の踏み込みの甘さが気になります。前肢の膝が少し反っているので、脚元に不安が出るかもしれません。繋ぎは、やや短めで、少し立ち気味。肘離れは、悪くはなさそうです。腱離れは、悪くはなさそうです。まだまだ絞れそうですが…腹袋は、それなりにあります。銅は、そこまで長くもないので、マイル前後が良さそうです。成長力のある牝系ですし、まだ腰が高い位置にあるので、ここから変わってきそうです。ここからの成長次第では、ブログランキング




2.アスカビレンの20

main (2)

父 エピファネイア(ロベルト)
母父 ブラックタイド(サンデーサイレンス)
性別 牝
所属 池江泰寿(栗東)
生産 桑田牧場
価格 4800万円
一口 16000円(3000口)

アスカビレンは、23戦して六甲S(L)など6勝。4代母トゥルーリースペシャルは、ロワイヨモン賞(G3)の勝ち馬。4代母の産駒にワリード(ユベールドショーネイ賞)やトゥルーリーアドリーム(E.P.テイラー賞)など。近親にムーンストーン(愛オークス)やセルリアンスカイ(サンタラリ賞)、コレット(ATCオークス)、ロイヤルベンチ(ダニエルウィルデンシュタイン賞)、ドリームピース(ノネット賞)、ホノルル(ドンカスターC)、ユーエスアーミーレンジャー(チェスターヴァーズ)、オーケストラ(チェスターヴァーズ)、ワーズ(マンスターオークス)、マスターオブリアリティ(ヴィンテージクロップ賞)など。エピファネイア×サンデーサイレンス系は、エフフォーリア(皐月賞)やアリストテレス(アメリカJCC)などの活躍馬を出している配合。全体的に緩さが残っているので、トモの踏み込みが甘く、力強さに欠ける印象を受けますが…育成が進んでいけば変わってきそうです。肩の出は、FC2ブログランキング。ロベルト系の産駒なので、募集時は、こんなものかもしれません。前肢の膝が少し反っているので、脚元に不安が出るかもしれません。繋ぎは、ゆったりしてますが…少し立ち気味。肘離れは、良さそうです。腱離れは、悪くはなさそうです。胴は、それなりに長めなので、2000mくらいまでなら問題なさそうです。成長力のある牝系ですし、まだ腰が高い位置にあるので、ここから変わってきそうです。ここからの成長次第では、ブログランキング

ブログランキングをクリックしなくても全てが読める完全版は、noteにて販売中。無料で読みたい方は、ブログランキングをクリックお願いいたします。



広尾サラブレッドクラブ


ブログランキング





にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
 

PR

競馬予想のレジまぐ


↑このページのトップヘ