ブリーダーズスタリオンステーションに導入されたフィエールマンをご紹介したいと思います。



0KIT6257-2s

フィエールマン
父 ディープインパクト(サンデーサイレンス)
母父 GreenTune(ニジンスキー)
母母父 Noir Et Or(プリンスリーギフト)
母 リュヌドール
所属 手塚貴久
生産 ノーザンファーム
価格 200万円(受胎条件)、300万円(出生条件)

フィエールマンは、父ディープインパクト(サンデーサイレンス)×母父Green Tune(ニジンスキー)と言う配合。父ディープインパクトは、東京優駿(G1)の勝ち馬。主な産駒にコントレイル(東京優駿)やジェンティルドンナ(ジャパンC)、キズナ(東京優駿)、サトノダイヤモンド(有馬記念)、ワグネリアン(東京優駿)、マカヒキ(東京優駿)、ディープブリランテ(東京優駿)、ロジャーバローズ(東京優駿)、グランアレグリア(桜花賞)、ショウナンパンドラ(ジャパンC)、ワールドプレミア(菊花賞)、ハープスター(桜花賞)、ラヴズオンリーユー(優駿牝馬)、マリアライト(宝塚記念)、シンハライト(優駿牝馬)、アルアイン(皐月賞)、ディーマジェスティ(皐月賞)、ミッキーアイル(NHKマイルC)、レイパパレ(大阪杯)、リアルスティール(ドバイターフ)など。2018年1月の新馬戦で初勝利。山藤賞で2勝目。ラジオNIKKEI賞(G3)は、追い込み届かず2着。休み明けで挑んだ菊花賞(G1)ではエタリオウとの追い比べを制して優勝。G1初勝利を飾った。キャリア4戦での菊花賞制覇は史上初の快挙。4歳初戦のアメリカJCC(G2)はシャケトラに敗れて2着。間隔を空けて挑んだ天皇賞・春(G1)ではグローリーヴェイズとの追い比べを制して優勝。キャリア6戦での天皇賞・春制覇も史上初の快挙。凱旋門賞(G1)の前哨戦に選んだ札幌記念(G2)は3着。その後、果敢に凱旋門賞(G1)に挑戦したものの…見せ場なく12着に敗退。帰国初戦の有馬記念(G1)は4着。間隔を空けて挑んだ天皇賞・春(G1)を見事に快勝し、連覇を飾る。その後、宝塚記念(G1)に出走予定だったが…疲れが抜けきらないため、回避。オールカマーで復帰予定も熱発のため、再び回避。結果的に半年ぶりになった天皇賞・秋(G1)では、アーモンドアイに敗れ2着。有馬記念(G1)では、早めに先頭に立つ競馬をしたものの…勝ったクロノジェネシス、2着サラキアに交わされ3着。レース後、右前肢の筋に熱感と腫れが出たため、精密検査を行ったところ、繋靭帯炎と診断されたので、引退することになった。初年度の種付料は、200万円(受胎条件)、300万円(出生条件)。父ディープインパクトの後継種牡馬として人気になりそうです。



サンデーサラブレッドクラブ



ブログランキング



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ 
 

PR

競馬予想のレジまぐ